電書ちゃんねるBlog

電書ちゃんねるの管理人がたまに書くブログ

アクセス不足に電書ちゃん轟沈!? どうなるブラックサンダー!? 

これまでのあらすじ

時に西暦2015年、冴えない三流ブログのマスコットキャラクターとしてくすぶっていた電書ちゃんは、おやつへの不満をきっかけに日々の鬱憤が爆発。「あたしはあんたの操り人形じゃない」(言ってない)と管理人に反旗を翻し、独自のブログ「電書ちゃんねるプラス」を起ち上げる。これが世に名高い「1.15(イッテンイチゴ―)おやつ事変」である。

目先の小金に目が眩み「アフィリの波動」に目覚めた彼女は広告だらけの記事を毎日投稿して一儲けする算段。表現とコミュニケーションを司るヒロインにあるまじき路線変更は、賢明なる読者諸氏を大いに困惑させる。目標はブラックサンダーを毎月1箱買えるようになること。マスコットキャラクターの自立と尊厳をかけた戦いはこうして幕を明けた。


ろす はいどうもー☆ というわけで1月もそろそろ終わりに差し掛かって参りました。電書ちゃん元気でやってたかい?

電書ちゃん な、何? このバラエティ番組で体当たり企画やらされてる底辺お笑い芸人みたいな扱いは? てゆうかあんた前の記事で落ち込んだとか言ってたのに随分と明るいわね?

ろす 一晩寝たら大抵のことはどうでもよくなるね。では、この2週間の電書ちゃんの動きをダイジェストで追ってみましょう。どうぞ!

プレイバック

日刊電書ちゃん」というカテゴリで日々のニュースのまとめに雑なコメントを付けた記事を投稿する電書ちゃん。記事の半分くらいは自動生成したものっぽい。他にストアの日替わりセール記事なども投稿していたようだ。

開き直る電書ちゃん。しかし……

自信満々で挑んだAmazonアソシエイトの審査に落ち、当初の計画に大幅な狂いが生じ始める。

一旦広告を外し、挑発的な文言や日替わりセールの記事を削除。猫を被って再度審査を受ける。

……が、ダメ!!

以後、地道なコンテンツの蓄積に励みながら再起の牙を研ぐ電書ちゃんなのであった。


ろす いやー苦労してるみたいですねー。それでもちゃんとこの2週間毎日更新してるみたいじゃん。てっきり三日坊主で終わると思ってたから感心したよ。まあ自動生成記事なら誰だって更新できるわな。

電書ちゃん 失礼ね! 最初は徹底的に楽をするために全自動生成にする予定だったわ。でもそれじゃちゃんとした記事にならなくて、最近は丁寧にコメントを書いてるわよ。記事の並び順だって考えたりしてるし。だから今は手作り記事とそんなに変わらないわ。

ろす ふーんふーん。2週間続けてみた感想はどんな感じ?

電書ちゃん 楽して儲けるのって大変なのね

ろす ハイ名言キタコレ!! 矛盾してるwwww 意味わかんないwwwww では次は気になるブログのアクセス数を見てみましょうwwww

電書ちゃん なんなのこれ。公開処刑

アクセス状況

アクセスサマリー

本家電書ちゃんねるからのアクセス流入が多かった1/16を除外したアクセスのサマリー。毎日更新したにも関わらず一日あたりのセッション数は100を下回り低迷を続ける。

集客チャネル

注目すべきは集客チャネルの偏り。半数以上のアクセスはソーシャル頼み。とくに注目すべきは検索エンジンからの流入を表すOrganic Searchの低さ。記事のタイトルと内容が全然合ってないからだろう。


ろす まとめると、ほんの一部の知り合いしか見てないと。物好きな人も少しはいるもんだね。

電書ちゃん う、うるさいっ! あたしのブログの読者さんを馬鹿にするな!

こんなはずじゃ……折角いろんなところから厳選したニュースを集めているのに……。

ろす バイラルクソメディアとやってること変わらなくない?

電書ちゃん あたしの親切な解説コメントがついてる!

ろす 電子書籍のニュースを必要としてる人なんていないのでは?

電書ちゃん セルフパブリッシング界隈のマイナーな情報だって拾ってる!

ろす 毎日情報の洪水を浴びるようなライフスタイルの人と、作家さんではクラスタが重ならないのでは?

電書ちゃん ぬぬぬぬ……

ろす もっと有益なオリジナルコンテンツがないと毎日更新を続けてもずっとこんな感じじゃないのかなあ。

さーて最後はお待ちかね、収益情報をチェックしてみましょう!

で、幾ら稼げたの?

電書ちゃん これさ……本当に公表しなくちゃダメ?

ろす あれだけ大見得切ったんだぜ? そりゃ結果を知らせる義務があると思うね。

電書ちゃん あのね、アソシエイトの審査が通らなかったから、今の収入源はGoogle AdsenceとA8.netだけなの。あんまり言いたい数字じゃないのよね。

ろす そんなの分かってるよ。

電書ちゃん 笑ったりしない?

ろす 結果はどうであれ、電書ちゃんが真剣だったことに変わりはしないよ。それを笑ったりなんかするもんか。

電書ちゃん 絶対に?

ろす うん、絶対に。

電書ちゃん 2BT……。

ろす 2BT?

電書ちゃん 1BTはブラックサンダーが1個買えるかもしれないお値段だと思って。

ろす 2BTwwwww!!! あんだけ威勢のいいこと言っといてたったの2BTwwww 毎日せっせと更新して2BTwwww やべぇwwww ウケるwww お腹痛いwwww

電書ちゃん 笑われた!? あたしの努力が笑われた!!!

ろす 最高すぎるよ電書ちゃんwww 笑いの神に愛されてるよwww 

電書ちゃん 許さない!! あんた絶対に許さない!!!

これからどうしよう?

閑話休題

ろす さっきはごめんね。コンビニでブラックサンダー買ってきたよ。僕が立て替えといてあげるから。君が自分の手で稼いだおやつだ。あと僕の分も買ってきた。いっしょに食べながら話しあおうぜ。

電書ちゃん はあ、これが今のあたしのブログの価値ってことね。

ろす そんなの尺度のひとつにすぎないさ。自分のブログの価値は自分で決めるもんだよ。

電書ちゃん あたし気づいたことがあるの。お金を得ようとすると、サイトを修正したり、コンテンツの方向性を変えたり、いろいろ思い通りにできないことがでてきたわ。

ろす そうだね。多くの場合、お金には他人の意思が宿っている。その意思を受け入れないとお金を手に入れることはできないのかもしれないな。そして他人の意思に縛られすぎると、自分の自由を手放すことになってしまう。

電書ちゃん お金も言葉や本と同じ。人の意思を運ぶメディアってことなのね。

ろす うん。だから僕は働きたくないんだよ

電書ちゃん (今サラッと最低のこと言った!)

ろす 戻っておいでよ電書ちゃん。電書ちゃんねるプラスは閉鎖しよう。気ままに好きなことだけやって過ごすんだ。多くを望まなければ落胆することもない。それでいいじゃないか。

電書ちゃん それはできないわ。ここであんたに従ったら、あたしはあんたに負けたことになる。あたしがあたしであるために、いくら不自由でも止めるわけにはいかないのよ。

ろす (うわ、まだこの企画続くのかよ……)

電書ちゃん それにしてもこのブラックサンダーいつもより苦いわね。

ろす そっかあ? いつもと同じ味だぜ?

電書ちゃん ううん。苦いわ……苦い……。

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個