電書ちゃんねるBlog

電書ちゃんねるの管理人がたまに書くブログ

EPUB3固定レイアウトのための前奏曲

電書ちゃん

ねえ、退屈だわ。

何か面白い話でもしなさいよ。

ろす

おお、気の利かない使用人に命令するみたいに言ったね。

へぇへぇ、おぜう様。EPUB3の固定レイアウトの話などいかがでございましょうか。

電書ちゃん

あら、先日(2012年3月13日)仕様ができた EPUB 3 Fixed-Layout Documents のことね。

タイミングとしては適切なんじゃないかしら。

ろす

ついでに言うと、出版デジタル機構が中心となって制作をすすめるコンテンツのフォーマットポリシー案で、固定レイアウトのEPUB3が言及されているみたいなんだ。

■フィックス型フォーマット

~中略~

・フィックス型の結論

フィックス型フォーマットの結論としては、〈EPUB 3での作成を行う。〉 機構では電子書店や出版社の意向があれば、まずXMDFもしくはドットブック形式の電子書籍〈も作成する。また、EPUB 3への対応が遅れるようならXMDFドットブックを先行させることもある。〉を作成し、配信書店やビュアー側の対応も見ながらEPUB 3の作成に切り替えていく。

つまり、今後日本に固定レイアウトのEPUB3コンテンツが急増する可能性が出てきたことになるわけ。

だから、今のうちにこの仕様を押さえておく意義は大きいと思うんだ。

電書ちゃん

ちょっとツッコミいいかしら。

固定レイアウトのEPUB3を選択した事由として、こんなことが書かれてるわよね。

しかし、仕様の複雑なリフロー型に比べ、フィックス型EPUB 3は、すでにブックリスタやBooklive、Sony Readerなどで配信開始している。いくつかクリアされていない問題が残っていても、制作や販売は進められるであろう。

ここで言及されている各社が配信する固定レイアウトのEPUB3は、これからあんたが話をする、できたばかりのEPUB 3 Fixed-Layout Documentsとは別モノじゃないの。

EPUB 3 Fixed-Layout Documentsが公開される数カ月前から、各社は固定レイアウトのEPUB3を配信してるわけよね。

ろす

そうだね。現状配信されているのは、各社が独自の拡張を施したEPUB3であって、EPUB 3 Fixed-Layout Documentsに対応したものではないね。

EPUB3の固定レイアウト拡張は、別に日本でだけ行われている話ではなくて、iBooksやNook、Azardiなどいろんなビューワでも行われてきた。

そのほとんどはスクリーンサイズや向きに最適化した表示方法を指定するための仕組みだね。

そんなふうに各社いろんな独自拡張が増えちゃマズイでしょ、ってことが、EPUBにおけるちゃんとした固定レイアウトの仕様を作ろうとした背景でもあるわけ。

電書ちゃん

じゃあ、出版デジタル機構がこれから作ろうとしているEPUB3はどっちになるのよ。

ろす

ううん、今さら独自拡張を選択するのは流石にないでしょ。そこはEPUB 3 Fixed-Layout Documentsに準拠してくるんじゃないかな。

電書ちゃん

でも、後者はまだ実装がないのよね。

プレビューできないと制作者も困るでしょうに。

ろす

むむむ。

電子出版界隈では、いろんなところに鶏と卵の問題があるのよね。

最初に実装されるとしたら、やっぱりReadiumになるのかなあ。

電書ちゃん

あんたの推測は単なる希望的観測の気がしてきたわ。

出来たばかりの固定レイアウトの仕様を理解してEPUB3を作れる制作者が日本にどれくらいいると思うの?

安いコストで大量にコンテンツを作るのが目標でしょ。

独自拡張もEPUB 3 Fixed-Layout Documentsも使わないのが、一番現実的な線じゃないかしら。

ろす

XHTMLに<img>タグが一つ貼ってあるだけみたいな感じの?

不本意ながらその選択はあり得るよなぁ。

電書ちゃん

多分中の人もまだそこまで決めきれていないと思うの。

手軽にEPUB 3 Fixed-Layout Documentsに準拠できるなら採用したいだろうし、コストがかかりすぎるなら採用できないでしょうね。

あんたは変に色目使わずに、淡々とEPUB 3 Fixed-Layout Documentsを解説してなさい。

ろす

はーい、それでははじめまーす。

と思ったけど、前置きに随分な文字数を使ってしまったなあ。

解説は次回からにしようっと。

では、さようなら。ごきげんよう。

電書ちゃん

こら、逃げるな!

ろす

ブログの記事と乾杯の挨拶は長いと嫌われるのよ。

電書ちゃん

あたしはなかなかブログ書かないあんたも嫌いだからね。

電書ちゃんねるとは

電子書籍のいろんな話題について、会話形式で楽しく考えてみる企画サイトです。入門者向けの内容からマニアックな内容まで気分次第でランダムに掲載します。君も電書ちゃんシリーズを読んで友達に差をつけよう。

もはや忘れ去られてしまっている初期設定については、某はてなダイアリーでチェック。

電書ちゃんアイコン

電書ちゃん

電子書籍の世界を案内してくれる謎の女の子。
センスの悪い意見には容赦なくツッコむよ。

口癖は「あたしあんたのそういうところが嫌い」

ろすアイコン

ろす

このブログでは電書ちゃんのアシスタントに降格。

入りたての業界の中で右往左往。お前の明日はどっちだ!?

あんまり充実していないプロフィールはここ