読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電書ちゃんねるBlog

電書ちゃんねるの管理人がたまに書くブログ

SF雑誌オルタナvol.1 またはSFとかよく知らないのに寄稿を頼まれた雑誌の編集長がクビになった件

お知らせ ポエム

ちーっす。すっかりブログの更新頻度が落ちてしまった。僕にとって文章を書くことは日常の一部ではないな、と思う。基本的に気分が乗った時しか書かないし書けない。この数年、電子書籍やウェブ小説で作品を発表する人たちとの交流が増えた。彼らは毎日書いてる。「書かないと死んでしまう」とか言う人もいる。こういう感覚ってわからない。でも彼らがそう言うんだからそうなんだろう。

人はなぜ文章を書くのか?

そんな切り口で電子書籍の書き手たちのインタビューや対談を収録した本が今年の六月に刊行された。書名を『もの書く人々』という。辺見庸の『もの食う人々』へのオマージュなのだろう。どういうわけか僕のインタビューも載っている。「俺、必要なくない?」と、オファーがあった時に編集の根木珠さんに僕は言ったのだが、結局彼女の熱意に負けて引き受けてしまった。果たして彼女の期待に応えられたのかよくわからない。倉下忠憲さんは、この本が作家の「ヴォイス」を引き出せていると評価してくれた。この本の多くの部分はFacebookのグループの投稿を編集したものなので、かなり「素」に近いコミュニケーションが行われているからだと思う。

ヴォイス(下唇を噛みながら)。

もの書く人々

もの書く人々

もの食う人びと (角川文庫)

もの食う人びと (角川文庫)

とはいえ結局僕は彼らの持つ、書くことの切実さを理解できた気になれなかった。

文章を書くこと自体は嫌いではない。自分と向き合って考えを整理し言葉を選んでゆく内省的な感覚が好きだし、誰かの反応を思い浮かべながら文章の随所にいたずらを仕込んでゆくのも楽しい。ただ息切れしてしまう。五千字くらいが限界だ。どうしても分量が書けない。しかもものすごく時間がかかる。エッセイ的なブログ記事1本にも3時間とかかかってしまう。それからフィクションも書けない。自分の書いたものが空虚な絵空事に見えてしまって続かない。こういうのって訓練でどうにかなるものなのだろうか?

「創作は筋肉だ」と誰かがツイッターで冗談めかして言っていた。そうだとしたら少なくとも僕の作文筋はあんまり鍛えられていないと思う。短距離向けの白色筋肉なら少しはついているかもしれないが、長距離向けの赤色筋肉は極めて貧弱なことだろう。

そんな僕を余所に「彼ら」は相変わらず書き続けている。最近では電子雑誌やアンソロジーなどコラボレーションがちょっとしたブームで、実に楽しそうに企画に取り組んでいる。良いことだと思う反面、一抹の寂しさも感じる。こういった動きは外にはまるで届いていないはずだからだ。僕がまだ元気だった頃は、ツイッターやブログなどオープンなコミュニケーションの主軸だった。これらをシェアし「同じものを見て同じことについて考える」ことでコンテクストが共有され、なんとなく電子書籍をめぐるコミュニティらしきものが形成されていたと思う。現在の「彼ら」のコミュニケーションの主軸はクローズドなFacebookに移っておりコミュニケーションの密度は高まったものの、コンテクストは薄まり蛸壺化が進んだように思えてならない。けれどもコミュニティの熱量が高まった後に、拡散して蛸壺化するのは宿命のようなものなので、嘆いても仕方のないことなのだろう。何よりも肝心の僕はろくに動けていないのだから。

SF雑誌オルタナ vol.1 [現実以外]edited by Sukima-sha

SF雑誌オルタナ vol.1 [現実以外]edited by Sukima-sha

  • 作者: 大滝瓶太,米田淳一,ろす,淡波亮作,波野發作,伊藤なむあひ
  • 出版社/メーカー: 電子出版アシストセンター
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る

先日、彼らの企画の一つSF雑誌『オルタナ』が刊行された。編集長の伊藤潤一郎は隙間社という屋号で電子書籍を刊行している。隙間社の作品が持つニヒリズムすれすれの感覚が僕は好きだ。文章にはキャッチーでユーモラスなエッセンスが散りばめれられているが、根底にあるのは絶望と虚無感だと思う。彼は文学や文章を書くことの意味に絶望しかけている。それを物語や言葉遊びやユーモアの力によって辛うじて踏み留まっているのだ。だから彼の作品を読むのはスリリングで苦しく、それゆえに共感を覚える。

少女幻想譚 (隙間社電書)

少女幻想譚 (隙間社電書)

SF雑誌を作ろうとFacebookで盛り上がっている彼らを僕は横目で見ていた。僕はといえばSFはそれほど読んでいないし思い入れもない。どちらかといえば「めんどくさい人たちが多いジャンル」ということで敬遠する気持ちすらある。ついでに言うと雑誌というメディアにも思い入れもない。ただ雑誌を作るという行為に人を夢中にさせる要素があるらしいとは思っている。だから当然、伊藤潤一郎から寄稿のオファーがあった時の気持ちも「めんどくさい」だった。

いや、ホントめんどくさいんだよ。ツールの開発とか電子出版のサポート的な立ち位置にいる僕は、物書きと文章で張り合って余計なトラブルとかに巻き込まれたくない。こっちは文章を通して何者かになりたいなんて思っていないし、そろそろセルフパブリッシングの界隈から距離を置こうと思っていた頃だったから(いろんな人から引き止めのメールを頂いた)。そんなわけで僕は根木珠さんにオファーされたときと同じようにゴネた。「俺、作家じゃないじゃん」「俺、SF知らないよ?」「俺が寄稿する必然性を感じない」「俺フィクション書けないし」。そして根木珠さんの時と同じように食い下がられて折れてしまった。気がついたら「何でもいいから、文章を書いて出す」と約束させられていた。伊藤潤一郎には編集者の才能があるのかもしれない。

結局、『ロール・オーバー・ベンヤミン』というエッセイを書いた。普段使っていない作文筋はなまりになまっており、締め切りを大幅にぶっちぎる迷惑をかけた。ファッション感覚で現代思想に手を出した大学生の頃の恥ずかしい僕の姿や、すっかり俗物になってしまった今の恥ずかしい姿などを書いた。SF雑誌にふさわしい内容なのかわからないが、米田淳一さんが間違いなくSF解説してくれているので、そういうものなのかもしれない。

ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)

ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)

以下は創刊号のラインナップだ。自分で自分たちを「豪華だ〜」「濃ゆい」「実力者揃い」とか言うのはとても恥ずかしくて言えない。小銭を払って購入してくれた人の判断に委ねたいと思う。

  • オラクル (大滝瓶太)
  • 詐欺師の鍵 (山田佳江)
  • シャノン・ドライバー (米田淳一)
  • ロール・オーバー・ベンヤミン(ろす)
  • 痛みの見せる夢 (淡波亮作)
  • プラトーン・スタンダード(波野發作)
  • アルミ缶のうえに (伊藤なむあひ)

こちらもありがたいことに倉下忠憲さんがレビューしてくれている。

山田さんが作ってくれた公式サイトもある。ウチのでんでんランディングページより使いやすそうでWixすごいと思った。

淡波氏によるPV。ホント何でもこなすなこのオッサン。

ちなみに最後まで読めばわかることだが、編集長の伊藤潤一郎は今回で辞任することになった。一身上の都合と書いてあるが実態はクビだったとだけ言っておく。彼のスカした編集後記はフツーに面白いのでおまけ的に楽しんで読まれて欲しい。次号からは編集長に山田佳江さんが就任するが、彼女もクビになるかもしれない。そういう雑誌なのだ。

長くなってしまったが、滅多に文章書かない僕の数少ないエッセイなので、興味を持った方はポチっていただけると編集長に対する面目が立って助かる。よろしこ。

SF雑誌オルタナ vol.1 [現実以外]edited by Sukima-sha

SF雑誌オルタナ vol.1 [現実以外]edited by Sukima-sha

  • 作者: 大滝瓶太,米田淳一,ろす,淡波亮作,波野發作,伊藤なむあひ
  • 出版社/メーカー: 電子出版アシストセンター
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る

【告知】俺氏InDesignユーザーの祭典「INDD 2016」に出るってよ

f:id:lost_and_found:20160907170116p:plain

ご無沙汰してます。ろすです。セルパブ方面であれこれやってたら、こちらのブログはすっかり更新が途絶えてしまいました。サボってたわけじゃないです。一応生きてます。今日はイベントの告知記事です。

毎年行われているAdobe InDesignユーザーの祭典「INDD」。組版とは縁遠い僕ですが実は2012年にも登壇させて頂いたことがありました。ここまで見事に整然と準備されたイベントは他に記憶にないですね。特に記憶に残ってるのが、演壇には講師にだけ見える小さな時計が用意してあって、時間内に話を収めるのがとてもやりやすかったことです。

技術の世界では5年を周期にパラダイムシフトが起きるとしばしば言われています。電子書籍が注目を集めた2010年から数えるともう6年の月日が経っています。そろそろ目新しさもなくなってきたかな、という思いもありますが、未だに人前でお話する機会を頂けるのは有り難いことです。

電子書籍・出版トラック C-3 EPUB 3.1でどうなる日本の電子書籍 というお題で、EPUBの次のバージョン3.1の変更点をまとめてみたいと思います。

イベント名INDD 2016
日時2016年10月14日(金)12:50-18:50
会場御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
東京都千代田区神田駿河台4-6
参加費告知ページ参照

詳しくは告知ページを見てくださいね。他にも興味深いセッションがいろいろあります。個人的には Vivliostyle 触ったりしてるので、大野さんの「A-5 Vivliostyleを使ってMarkdown原稿から「仮組み」を作る」が気になります。

indd.jp

9月10日までに申し込むと早割として2,000円OFFらしいですよっ!

奮ってご参加くださいませませ。

二代目チャンプは高橋文樹(破滅派) - 第二回SS合評結果

前回の記事で伝えたとおり、文章を発表して殴りあう第二回SS合評の本戦が開催された。

進行のグダグダさに定評のある動画配信は予定よりも1時間延長。視聴者が2人もいれば良いほうだと思っていたのだが、予想に反して8人ほどの暇人の時間を奪ってしまったようだ。撮影担当の古田アダム有(トルタル)が使用するウェブカメラは結構音が良くて驚いた。

LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t

LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t

YouTubeにアーカイブされているが、以前書いたとおり、僕は自分の映っている動画を見ると死にたくなる持病があるのでリンクは貼らない。ハイボールを2本飲んだ僕はすっかり顔が赤くなり視聴者を心配させたらしい。年長者相手に呼び捨て、タメ口、命令口調で口汚く罵るスタイルは別に酒のせいではない。僕のツイッターのフォロワーならお馴染みだろう。

とっとと本戦の結果を述べることにする。事前評の点数に参加選手と観戦者による当日の寸評を合算したものだ。

SS合評 — 第二回SS合評チャンプ作品発表!!合評採点集計結果

最終集計

順当に高橋文樹選手が第二回チャンプの座に輝いた。悔しいが妥当な結果だと思う。プロ小説家の面目躍如である。事前評で3位につけていた僕は、当日評で上位の東郷選手を抜くも、持田選手の追い上げにより2位タイとなった。

執筆スタイルが正反対の波野選手と僕は全面抗争にあり、互いに低評価を付け合った点数の余剰が高橋選手の漁夫の利となる格好だ。戦略を練り直す必要がある。最下位となった椋選手だか点数の開きは持ち点制の弊害であり、内容的には他の作品の評価と対して変わらない。ただ彼がFacebookで見せる優れたユーモアセンスを作品でも見せて欲しいとは思う。

もう一つ、寸評の殴りっぷりを評価する投票もあり、こちらも高橋文樹選手に奪われた。僕と持田選手が作品の中に仕込んだ瑣末な「嘘」を見破ったのだから、この結果も納得せざるをえない。

次回テーマはチャンプ高橋の指定により『31世紀の人が今の自分について書く』になった。実話ベースのルールなのに半ばSFである。フィクションの訓練を積んでいない僕には相当に不利なテーマだ。このテーマには波野潰しの思惑があるそうだが、僕が考えるべきは実力が頭一つ抜きん出る高橋潰しの方策だろう。

放送終了後はノーサイドとなり、高橋選手行きつけのラーメン屋で担々麺を食べに行く。花椒たっぷりで旨かった。

互いによく読みよく殴った。よき読み手の存在は実にありがたいものだ。観戦に来てくれた鷹野、髙澤両氏にも感謝である。

文章を発表して互いに殴りあう『SS合評』

夏頃から『SS合評』とかいう催しになんとなく参加している。電子書籍周辺の関係者が実話をベースとした作品をウェブ上に発表して互いに容赦なく点数をつけあうのだ。SSとはストロングスタイルの略である。

セルフパブ界隈に皆で読みあいやんややんや罵り合う「合評」スタイルを持ち込むことで、エディター不在=読者不在状況を打開するための自力本願による実験団体

多忙な関係者が多くサイトの作りかけ感は否めないが、参加者同士はプロアマ入り乱れて楽しんでやっている。現在の主なメンバーと所属派閥はこんな感じだ。あえて抗争っぽさを演出するために派閥を掲載した。

  • 持田泰 (変電社、トルタル)
  • 波野發作 (日本独立作家同盟、変電社、トルタル、破滅派)
  • 椋康雄 (日本独立作家同盟、トルタル)
  • 高橋文樹(破滅派)
  • 東郷正永(派閥なし 放送作家)
  • 高瀬拓史(電書ちゃんねる)

僕はといえば主催の持田氏の声がけに乗ってはみたものの、作家になりたいという願望も小説を書いているという意識もない。ブログの延長線上にあるエッセイみたいなつもりだ。単に自分の文章が読んだ人にどれだけ刺さるかを楽しんでいる。

現在、第2回が開催中。テーマは「夏の実話」。本戦と呼ばれる寸評が明日10/7に「破滅派サロン」で行われる。当日観戦者も作品を採点をすることができ、次のメンバーが名乗りを挙げている。

  • 塚田眞周博(派閥なし フリー編集者)
  • 鷹野凌(日本独立作家同盟)

開始は19:00から。ネットでのライブ中継もある。前回はアルコールが入りすぎて酷かった。

以下は作品の一覧と、参加者による事前レビューである。11点の持ち点を各作品に配分するルールだ。最終的な勝者は当日までわからない。

事前評

事前評

事前評

事前評

事前評

事前評

事前評にもそれぞれの個性があり楽しい。現在のランキングは以下のとおりだ。僕は第3位。当日評でさらに上位にいけるだろうか。

  • 1位 高橋文樹『小僧のザリガニ』 事前総点:18
  • 2位 東郷正永『我が格闘』 事前総点:13
  • 3位 高瀬拓史『災いとクローバー』 事前総点:11 
  • 4位 持田泰『ノラ』 事前総点:10 
  • 5位 波野發作『夏のフィクション』 事前総点:9
  • 6位 椋康雄『コクワくんの一生』 事前総点:5

何もアピールしないのももったいないので記事にしてみた。興味のある人は読んで貰えれば幸いだ。

Github PageとJekyllで公式サイト作った。およびブログ名変更のお知らせ

お久し更新。僕らの屋号「電書ちゃんねる」といえばこのブログのことだったんですが、せっかくdenshochan.comのドメイン取ったんだし、公式サイト作りたいなー、と思いつつ気がついたら2年が経ってました。

そこで先日でっち上げました。制作は2日くらい。少ない素材の使い回しがいい加減辛くなってきた。

こういうシングルページのサイトをサクッと作って無料で公開できるGithub Pageは本当に便利。フルスクラッチで作るほど時間を掛けられなかったので、ジェネレータとしてJekyllを採用。出来合いのテンプレートを利用することにした。ランディングページ用のやつ。

必要なコンテンツを用意する他に、CSSをBootstrap4ベースに切り替えた。OGPとGoogle Analyticsの追加などやった。カッコイイ背景画像が見つからなかったので、適当な色で塗りつぶしてごまかした。やったのはそのくらいかなあ。労力の割りにはそれっぽいものになったのでそこそこ満足してます。

やっつけで作って身内にだけ告知するつもりが、なぜかチラホラはてブでシェアされて恥ずかしい。

というわけで今後、「電書ちゃんねる」といえば http://denshochan.com/ を指すことになります。こちらのブログは「電書ちゃんねるBlog」に改称することになりました。

引き続きよろしくお願いします。

電書制作第一人者による試行錯誤の記録 -『ウェブ時代の「一人出版社」論 フリーダムパブリッシング』

書評

f:id:lost_and_found:20150423172939p:plain

インストラクショナルデザイナー境祐司さんといえば、誰もが認める電子書籍制作の第一人者だ。とりわけ電子書籍元年(2010年)から間もない時期、境さんが開くセミナーは毎回満員だった。海外の最先端の動向に詳しく、膨大な数のコンテンツと端末の検証をこなし、得られた知見は豊富な講師経験による平易な言葉とデザイナーらしい美しさを兼ね備えた資料として提供してくれる。例えばこんな風に。

この人の徹夜続きのツイートをしょっちゅう見かける。「ホントいつ寝てるんだろ」と僕は不安になる。年齢はおそらく僕よりも一回りくらい上だろう。ウェブの歴史にも詳しく僕が知らない時代の話をいろいろと教わった。大先輩と言っていいと思うが、少しも偉そうにされたことがない。物腰柔らかで疲労を表に出さずいつもにこやかに笑っている。超一流の人なのだからデザイナーや講師業で十分な食い扶持を稼げたはずだ。けれども残念なことに、この人は「自由」と「本づくり」に魅せられているのだった。

電子書籍市場は大規模なプレイヤー同士の競争フェイズに入り、黎明期が持つ様々な可能性は失われはじめた。小さなプレイヤーにできることは年々少なくなっている。ストアにコントロールされたリーディングシステムは自由度も表現力も低く、ブックデザインのスキルを活かす余地は少ない。本書はそんな中で「自分が考えるデジタル本の世界をつくる」決断をした著者の試行錯誤の記録だ。その試みはまだ成功への途上にある。以下は本書の目次である。

  • はじめに
  • Chapter 1:フリーダムパブリッシングの実践
    • デジタル本の「自由」と「計画」
    • デジタル本とスタイルの確立
    • ビューティフルパブリッシング
  • Chapter 2:デジタル本をつくる
    • デジタル本の種類
    • デジタル本とHTML
    • デジタル本の原稿とタグ付け
    • デジタル本に変換
  • Chapter 3:デジタル本をリリースする
  • Chapter 4:デジタル本を読者に届ける
    • デジタル本のシンプルマーケティング
    • デジタル本のランディングページ
    • デジタル本のニュースレター
  • あとがき

目次を見てわかるとおり、本の制作から販売、マーケティングまで「一人出版社」としてやるべきことが網羅されている。デジタル本の売り方ではメジャーなKindleストアと楽天kobo電子書籍ストアでの販売は当然触れてあるが、著者の「一人出版社」はむしろ自分のストアで本を売ることを本流と考える。「自由」を尊ぶ著者らしい考えだ。購入者との関係を築きながら、じっくり一つひとつのコンテンツをつくり、時間をかけて売っていく方法を選択している。具体的には「BASE」や「STORES.jp」といったショップ作成サービスや「DLmarket」や「デジコンカート」などの決済サービスを利用して自分のオンラインストアを作ることについて触れられている。

そして目次を見てもわからないことだが、一つ一つの項目の濃度が高い。試行錯誤の総量がとにかく多い。海外国内から調べあげた膨大な情報インプットを著者の体験を踏まえて凝縮されたものだ。電子書籍元年から続けてきた著者の活動の集大成と言えるだろう。

体裁は洗練された本だが著者がやってきたことは非常に泥臭い。理想を追求するためには泥にまみれることを全く厭わない人。それが僕が持つ境祐司さんのイメージ。泥に塗れても著者が思い描く自由と表現の理想は清らかだ。清らかすぎてついてこれない人もいるのではないかと危惧してしまうくらいに。

どうしてそこまで身を削りながら理想を追求できるのだろう。「出版ってもっとクソッタレでろくでもないものじゃないの?」 「電子出版なんて片手間でやれば十分では?」などと僕が言ってもきっと聞く耳持たないだろう。そういう人なのだ。そういう生き様なのだ。

幾つになっても学び続ける姿勢を変えることなく、僕たちの先頭を走ってくれる先輩。彼の超人的な活動をまとめた本書は、一人出版社 Creative Edge School Booksのサイトから購入することができる。フォーマットはDRMフリーなEPUB 3とmobiの2種類。こういう人が笑える時が来ないと僕は寂しい。購入はこちらから。

Adobe Digital Editions 4.0のMedia Overlaysを試す

EPUB ツール

Adobe Digital Editions(ADE) 4.0 がEPUB Media Overlays(MO)に対応したと聞いたので、ちょっとだけ試した。

EPUB Media Overlaysは録音した音声をテキストに同期させて読み上げを実現する仕組みだ。

昔作ったファイルを読み込ませてみる。ファイルはここに上げてあるものを使った。

ファイルを読み込ませると、MOに対応した本ではメニューにスピーカーのアイコンが現れる。

f:id:lost_and_found:20150313232529p:plain

これをクリックするとコントローラーがポップアップする。

f:id:lost_and_found:20150313232549p:plain

ここから主に次の操作を行うことができる。

  • 再生/停止
  • 前後のパラグラフへの移動
  • 再生速度の変更(1〜4倍速)
  • ハイライトの色指定

こちらはハイライトの色を変えた例。

f:id:lost_and_found:20150313232612p:plain

読みたいテキストをダブルクリックすると、その箇所から再生することもできる。

ひととおり標準的な機能をしっかりカバーしている感じだ。縦書きのリフローでMOに対応したリーディングシステムはそれほど多くないので、僕の中でADEの株が少し上がった。